1

 
 十二月の街は光と音に満ちている。
 華やかなイルミネーション、賑やかなジングルベル。
 日が暮れた街は白く漂う息まで凍てついてしまいそうなほど底冷えがしているけれど、そこかしこで寄り添い微笑み合う恋人たちは、二人を包む空間だけが別次元であるかのように暖かそうだ。まるで明かりが灯ったろうそくのように、その存在自体が街に眩いばかりの彩りを添えている。
 今日はクリスマスイブということもあり、夕暮れの街は行き交う恋人たちの笑顔であふれていた。
 キリスト教徒にとっては神聖なはずのキリスト生誕の前夜祭を、こんなふうに恋人たちのためのイベントにしてしまったのは一体誰なんだろう? 罪深い、本当に罪深いことだ。
 咲月(さつき)は右手に掲げ持った特大のハンドベルを、苛立つ心のままに思いっきり振り下ろした。
 カラン!
 という澄んだ音が、屋根付きのアーケードに大きく響き渡る。
 そのまま何度も何度も振り回す。
 カラン、カラン、カラン、カラン……
 長く尾を引いて響き渡ったかん高いベルの音は、ほんの一瞬人々の注目を集めただけで、すぐにアーケードに充満する熱気とエンドレスで鳴り響いている陽気なクリスマスソングの中に紛れ込むように消えていった。後に残ったのは、かすかな腕の痺れと虚しさだけだ。
 通りすがりのカップルがチラチラと視線を投げかけてくるのに愛想笑いを返しながら、咲月はこっそり溜め息をもらした。
 日本人は間違っている。
 敬虔(けいけん)なキリスト教徒ならいざ知らず、ただお祭り騒ぎがしたいだけの異教徒が神聖なクリスマスイブを祝おうだなんて。大多数の人々にとってクリスマスは単なるキリストの誕生日に過ぎないのだから、せめて行事としてでも楽しみたいというのなら、せいぜい家族そろってケーキを食べてプレゼント交換でもしていれば良いのだ。
 それを、恋人たちの記念日にしようだなんて、邪道だ。本当に、救いようがない。

『それなら、もしもお互い恋人ができなかったら、イブの夜は駅前のクリスマスツリーの前で待ち合わせることにしない? 一緒に過ごす相手が幼馴染みじゃ色気もないけど、一人で過ごすよりましでしょう?』

 さり気なさを装うあまり妙に棒読みになっている自分の声がよみがえり、咲月はブンブンと激しく頭を振った。
 それに合わせて赤いトンガリ帽子の先の白いボンボンが揺れる。赤いのは帽子だけではない。今、咲月は襟や袖口それからボタンや裾などに白いモコモコのファーが付いた赤いワンピース風のコートを着ていた。足元もやはり白いファーのついた赤いロングブーツで揃えている。この格好は、サンタクロースならぬサンタガールとでも呼べば良いのだろうか?
 そして、手には大ぶりなハンドベル。目の前には……、
「すみません、その二千六百円のを一つ下さい」
 ケーキの山を指差している若い女性の声で我に返った咲月は、慣れた手つきで積み上げられた箱の中から指定されたものを持ち上げた。
「こちらの生クリームでよろしいでしょうか?」
 女性が頷くのを確認して、箱を雪の結晶模様の入った白いビニール袋に入れる。ロウソクは最初から箱に貼り付けてあるので入れ忘れる心配はない。更に持ち歩き時間の確認をして、保冷剤を添えた咲月は、最後に差し出されたお札の数を確認して、四角い金属の箱から百円玉を四枚取り出した。
「三千円お預かりしましたので、四百円のお釣りになります」
 女性がバッグに財布をしまうタイミングを見計らってケーキの箱をそっと差し出す。
 それから、にっこり笑って、
「ありがとうございました。楽しいクリスマスを!」
 貼り付けたような営業用スマイルを浮かべてぺこりと頭を下げる。完璧。これで咲月の任務は完了だ。
 ケーキの袋を大事そうに下げた若い女性の背を見送りながら、咲月は小さく溜め息をついた。
 ―― 何が"楽しいクリスマスを"よ!
 自分の口から出た台詞までもが腹立たしい。
 怒りが高じたせいか、今度は幼馴染みの直哉(なおや)のにやけた顔が脳裏に浮かび、咲月は思いっきり眉をしかめた。
『咲月! 俺さ、彼女できたよ。これでわざわざお前に相手をしてもらわなくっても、楽しいクリスマスが過ごせそうだぜ』
 人の気も知らないで、満面の笑みを浮かべてそう告げてきた直哉。
 クリスマスイブに咲月がこんな所でケーキの売り子をやっているのは、全部直哉のこの台詞のせいだった。



◇◆◇



 "幼馴染み"
 これが井川咲月と北村直哉の関係だ。
 家が近所で、お互いの母親が高校時代からの親友同士なこともあり、生まれた年が同じだったのを皮切りに幼稚園から高校までずっと一緒の腐れ縁。直哉の家は共働きで両親共に多忙だったため、中学を卒業するまでは咲月の家で過ごすことが多く、二人は本当の姉弟のように育った。
 性別の違いはあるけれど、明るく人懐っこい性格の直哉とは成長してからも疎遠になることはなく、いつもそばにいるのが当たり前の間柄だった。咲月にとって直哉は女友達とはまた別の大切な存在だったし、この関係が大人になっても当たり前のように続いていくものだと思っていた。
 けれど、咲月の中ではいつの頃からか直哉の存在はただの幼馴染み以上のものになってしまっていた。
 気付いたのは高二の秋。
 その日、学校からの帰り道が偶然一緒になった咲月と直哉は、他愛も無い会話を交わしながら駅からの道を歩いていた。その時、曲がり角から自転車が凄い勢いで飛び出してきたのだ。咲月は直哉のくだらない冗談に涙が出るほど笑っていたので、気付くのが一瞬遅れてしまった。
 不意に視界に飛び込んできた自転車。
 全身が硬直し、頭が真っ白になる。
 ―― ぶつかる!
 と思った瞬間、咲月は咄嗟に目を瞑ることしかできなかった。同時に、全身を襲った世界がひっくり返るような衝撃。
 我に返った時、咲月は自分が直哉の腕の中にいることを知った。
 立ち竦んでしまった咲月を直哉が力一杯引き寄せてくれたのだ。ギリギリで難を逃れられたけれど、恐怖でドキドキと脈打っていた心臓は、すぐに別の高鳴りへと変化して咲月自身を戸惑わせた。
 直哉の硬くて広い胸、肩を抱く逞しい腕。昔は咲月の方が背が高かったのに、今は頭の上に直哉の顎がある。そして何より咲月を抱き寄せた時の力強さ……。
 ―― いつの間にか男の人になっていたんだ……。
 それは不思議な感覚だった。
 今自分を抱き留めているのは間違いなく直哉なのに、いつも一緒に笑い転げていた男の子はもういない。
「……んだよ、危ねーなぁ。咲月? 大丈夫か?」
 そう言って覗き込んでくる直哉の瞳の優しさに、咲月は危うく涙ぐみそうになった。



◇◆◇



「咲月ちゃん、調子はどう?」
 不意に背後から話しかけられて、咲月はビクッと肩を揺らした。
「あ、美夜子さん……」
 振り返った先にいたのは咲月のすぐ後ろにあるケーキ店のオーナー、美夜子だった。
 今日はクリスマスイブということで、特別に店頭でケーキの販売を行っているのだ。店内では予約分のホールケーキの受け渡しとショートケーキなど通常商品の販売をしているので、当日に予約なしで買えるホールケーキをいくつか店頭で売っているというわけだ。
 しかめていた表情を引っ込めて取って付けたようにぎこちない笑みを浮かべた咲月に優しく微笑み返し、美夜子が咲月の前にあるテーブルをのぞき込む。
「あら、結構売れたじゃない」
 ストックを確認して嬉しそうな声を上げた美夜子に、咲月は少し誇らしい気分で頷いた。
「はい、四時頃からお客さんが増えてきたので……。残りのケーキは千八百円のが五個、二千六百円のが三個と五千円のが一個です。さっきお店の奥に残ってた分を補充したので、これが売れれば今日の分は完売です!」
「凄いじゃない! 咲月ちゃん頑張ってくれたものねぇ。お店の中までベルの音が響いてたわよ?」
「あ、いえ……」
 まさかベルに八つ当たりをして振り回していたとは言えず、咲月は頬を赤らめて口ごもった。
「でも本当に今日は咲月ちゃんが来てくれて助かったわ。急なことで本当に申し訳なかったんだけど、閉店の八時まであと二時間だから頑張ってね」
「はい、任せてください!」
 元気いっぱいに頷いた咲月を、美夜子が頼もしそうに見つめ返した。
 この店のオーナー兼パティシエをしている美夜子と咲月は今日が初対面だった。美夜子は咲月の母親の友人の娘で、二十代後半くらいの柔らかな雰囲気を持った女性だ。なんでも咲月の母親と美夜子の母親は所属している合唱団が同じで、練習日以外でも時々ランチやショッピングなど一緒に行く仲らしい。つまり、母親同士にはママさんコーラス仲間という繋がりがあるわけだ。
 今日のバイトは咲月が自ら応募したわけではなく、美夜子に頼み込まれて仕方なく引き受けたという形だった。正確には、頼み込んできたのは美夜子の母親だったのだが、美夜子がクリスマスのバイトとして採用していた女の子が前日になって仕事をキャンセルしてきたので、もしも咲月に予定がなかったらバイトを頼まれてくれないかと、昨夜遅くに咲月の母親宛に電話が掛かってきたのだ。美夜子自身も八方手を尽くして代わりの人材を探したようなのだがどうしても確保することができず、最終手段として母親の伝手まで使ったらしかった。それで、予定が空いていた咲月が急きょピンチヒッターを務めることになったのである。
「だけど、ホントに今日の予定は大丈夫だったの?」
「あっ、ハイ! 予定なんてありませんから! 全然オッケーです!!」
 何気ない美夜子の問いで条件反射のように脳裏を直哉の顔が過ぎり、またしても咲月の眉間に皺が寄りそうになったけれど、ギリギリのところで笑顔を保つことに成功した。
 そんな咲月に美夜子は曖昧な笑みを浮かべて頷き返し、「寒くなったら中の子と交替してね」と言い置いて店の中に戻って行った。店のオーナーとして外売りをしている咲月の身まで案じてくれるけれど、パティシエとして厨房を取り仕切っている美夜子は本当に目が回るほど忙しいのだ。
 疲れているはずなのにどこか生き生きとしている美夜子の後ろ姿を見送りながら、咲月は今日何度目になるのか判らない大きな溜め息を吐き出した。



Next  |  Top