3


 時刻は午後七時を回った。
 このアーケードに連なる商店街の閉店時刻は意外と早い。
 ほとんどの店が八時過ぎにはシャッターを下ろす。美夜子の店も多分に漏れず八時が閉店時刻だった。
 今日のバイトの残り時間はあと約一時間弱。売れ残っているケーキは千八百円、二千六百円、五千円とも一つずつ。
 先ほど美夜子が姿を現してから、千八百円と二千六百円のケーキは順調に売れていった。けれども、五千円のケーキだけは売れる気配さえなかった。実は、朝から一つも売れていないのだ。いつまで経っても売れないケーキに、美夜子さえ「やっぱり飛び込みのお客さんにはこの大きさの需要はなかったかしら?」と苦笑いをこぼしていたほどだ。
 電車が停まる度に、家路をたどる人々が咲月の目の前を足早やに通り過ぎて行く。相変わらず八つ当たりのようにベルを振り回す咲月には、一瞥(いちべつ)もくれない。
 きっと大切な誰かが ―― 家族や恋人が ―― 帰りを待ちわびているのだろう。
 虚しく響き渡るベルの音に、咲月はまるで自分が"マッチ売りの少女"になったような気分になる。
 厚手のコートの下に温かなニットを着込み、更にいくつものカイロで防寒して、机の陰には石油ストーブまで置いてもらっているので身体に感じる寒さはそれほどでもない。それでも、深く傷ついた心は絶えず血を流し、凍えるような寒さになす術もなく震えていた。
 あまりにも自分が惨めで、目に映るすべての人が幸福そうに見える。まるで咲月だけが極寒の闇に取り残されてしまったようだ。
 そうやって、悲劇のヒロインになったつもりでベルを振っていたけれど、三十分も経たないうちに千八百円と二千六百円のケーキはあっさり完売してしまった。
 残りはあと一つ。問題の、五千円のケーキだけだ。
 さすがにこのケーキだけは売れそうもない、と思う。美夜子も諦めていたし、売れ残っても仕方がないだろう。
 それでも咲月は電車が停まる度に律儀にベルを鳴らし続けた。



◇◆◇



 その日の直哉は会った時からどこか様子が変だった。
 掃除機をかける咲月をチラリと盗み見ては、一人ニヤニヤと薄笑いをを浮かべる。
 狭いアパートの一室のこと、さっさと掃除を済ませた咲月は直哉の含みのある視線に耐えられなくなって、思わず怒鳴るように問い質していた。
「直哉! さっきから一体何なのよ? 言いたいことがあるならハッキリ言えばいいでしょう!」
「おわっ!? なんだよ咲月、気付いてたのかよっ!?」
「当たり前でしょう、何年幼馴染みやってると思ってるの!」
 咲月の剣幕に思わず怯んだ直哉だったが、すぐに気を取り直したように正面から咲月と向き直った。
 そして、腰に両手をあてて仁王立ちしている咲月をちょいちょいと手招きして自分の横に座らせる。
「あのさ、この前言ってたじゃん。その、クリスマス相手がいなかったら付き合ってやるって」
「えっ、ああ、うん、まあね……」
 思いがけないことを蒸し返されて、今度は咲月の方がドギマギしてしまう。
 直哉の部屋に来るのは一週間ぶりで、その間、あの話は保留になっていたのだ。
 動揺する咲月の様子を面白そうに眺めながら、直哉はニヤリと口元を歪めた。
「咲月! 俺さ、彼女できたよ。これでわざわざお前に相手をしてもらわなくっても、楽しいクリスマスが過ごせそうだぜ」
 "彼女"
 その台詞に、一瞬咲月の頭の中が真っ白になった。
 突然の衝撃に言葉も出ない咲月に、直哉はビシッと指を突き付けた。
「へっへ〜ん、参ったか! 直哉様をなめるなよ!!」
 その、あまりにも幼稚な仕打ちに、咲月はまたもやくらりと眩暈を感じる。おかげで意識を保つことができたけれど、混乱した頭では何がどうしてこうなったのか事態をはっきりと把握することは難しかった。
 ご機嫌な様子の直哉が遠く感じられる。
 二人がいるのは狭い1DKの部屋のはずなのに、直哉と咲月の間には分厚いガラスの壁が存在しているようで、手を伸ばしても直哉に触れられる気がしない。
 咲月は完全に失敗したのだ。それも、最悪の結果で。
 少しでも何かを喋ったら泣き出してしまいそうな予感に駆られ、咲月はきつく唇を噛んだ。
 いつまでも微動だにしない咲月をさすがの直哉もおかしく思ったのだろう、不思議そうな顔をしてのぞき込むようにして咲月の顔を見上げてくる。
「咲月?」
 労わるような優しい声音に、咲月の中で強張っていた何かがぱちんと弾けた。
 目頭が熱い。今にも涙が滲んでしまいそうだ。けれども悲しいことに、咲月の生来の負けん気の強さの方が打ち勝ってしまい、気付いた時には口が勝手に動いていた。
「彼女? あっそう、良かったわ。これであたしもイブに直哉のおもりをせずに済むもん!」
「おっ、言ったなぁ……」
 咲月の反撃に、直哉は拗ねた顔をして睨みつけてくる。
 咲月も負けじと睨み返したけれど……。
 睨み合っていた二人は同時にぷっとふき出した。そのままお互いの肩を小突き合い、お腹を抱えて笑い合った。
 昔から変わらない、いつものパターン。どんなに睨み合ったって、お互いの視線の中に甘さがあることを知っているから……。

 けれども、咲月の心にはまた一本新しい針が突き刺さった。傷口からドクドクと真っ赤な血が溢れ出す。
 だけど痛みは感じない。もうとっくの昔に痛みを感じる神経は麻痺してしまっている。
 だから、瞳に浮かんだ涙は胸の痛みのせいじゃない。
 笑い過ぎてお腹が苦しくなったから。―――― きっとそのせい。

 直哉と見つめ合って笑ったまま、咲月はこぼれそうになった涙を指先でそっとぬぐった。



◇◆◇



 直哉が彼女を作ったのは、咲月の台詞に意地になったせいだ。あの時もっと上手に立ち回っていたら……と思うけれど、既に後の祭りだった。
 彼女ができたというのに、直哉は咲月から合鍵を取り上げなかった。それを良いことに、咲月は直哉の部屋に通い続けた。せめて、"幼馴染み"という特別な席だけは誰にも渡したくはない。今の咲月にはそれがすべてだったから。



 彼女ができたという告白から数日後、いつものように部屋の掃除を終えた咲月は、これから彼女と会う約束があるという直哉と連れ立って、日が沈んですっかり暗くなった道を駅へ向かって歩いていた。
 平気な振りをして一緒の時間を過ごしてきたけれど、外に出た途端、咲月はどっと疲れを感じた。
 思っていた以上に緊張していたようだ。そろそろ限界かもしれない、と思う。
 直哉を遠く感じる。
 髪をかき上げる仕草も、悪戯っぽく微笑む瞳もいつもの直哉なのに、もう誰か別の女性のモノなのだ。
 そう思うと胸に切なさが込み上げて、咲月はコートの胸元をぎゅっと握り締めた。
「どうした? 変な顔して。腹でも減ったのか?」
 心配そうに覗き込んで来る直哉の優しささえ、今の咲月には苦しさが増すだけだった。中途半端な優しさを与えられるくらいなら、放っておかれた方がずっといい。
 咲月は直哉の言葉に曖昧な笑みで応えると、うつむいたまま黙って駅への道を歩き続けた。

 駅前の広場に差しかかった所で、不意に立ち止まった直哉が咲月の腕を取った。
 煉瓦敷きの広場には、花壇や街路樹を囲むようにいくつかのベンチが配置されており、人々の憩いの場となっている。
 そして、十二月に入ってからは広場の中央に大きなクリスマスツリーが飾られており、夕暮れ時になると周りの植え込みと共に美しくライトアップされるのだ。住宅街にある駅なので規模的にはほんのささやかなものだったけれど、毎年この時期になるとイルミネーション目当てにたくさんの恋人たちが集まって来る。咲月がイブの日に待ち合わせようと言ったのもこの場所だった。
 今の咲月にはきらびやかな光を放つこの光景はつら過ぎて、心配そうに覗き込んでくる直哉からわざと目を逸らした。
「さーつき、どうした?」
 うつむいたまま答えない咲月の頭を直哉がくしゃくしゃっとかき回した時だった。
「直くん!」
 不意に甘ったるい女性の声が響いた。
「直くんってば、遅いよぅ。ミク、待ちくたびれちゃったぁ」
 鼻にかかる喋り方がいかにも媚びを含んでいるように思えて、咲月は反射的に眉根を寄せた。
「あ、ああ、悪りぃ……」
 気のない返事をして、直哉が彼女へと視線を向けた。咲月の頭をかき回していた手も、ゆっくりと下ろされる。
 咲月も直哉につられるように声がした方へ顔を向けると、そこには猫のような瞳をした派手な雰囲気の女性が立っていた。男性なら誰もが思わず振り返りたくなるであろう、華やかな美人。わざわざ確認しなくても分かる。彼女が合コンで知り合ったという直哉の新しい恋人なのだろう。
 彼女はほんの一瞬、咲月に冷たい視線を向けると、次の瞬間には何事もなかったかのように直哉に向かって満面の笑みを浮かべた。
「直くん、行こうよ。ミクお腹すいちゃったぁ」
 咲月の存在を完全に無視して、直哉にだけ向けられた言葉。
 咲月は彼女と目が合った瞬間、睨み付けられたような気がして不愉快になった。けれど、近寄ってきた彼女が直哉の腕に自分の腕を絡めるのを目にすると、急に惨めな気持ちが込み上げてきて思わずうつむいた。
 今の直哉は彼女のモノなのだ。
 分かっていたはずの現実を突きつけられてショックを受ける自分の不甲斐なさに、唇を噛む。
「あ、ああ……」
 彼女に引っ張られてよろけながらも直哉がこちらを気にしているのを感じて、咲月は顔を上げると無理に笑ってみせた。
「じゃあ、あたし行くから!」
 そう言って駆け出すのが精一杯だった。
 直哉に名を呼ばれたような気がしたけれど、咲月は決して足を止めなかった。


Next  |  Back  |  Top